So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

六段の話 [邦楽]

あけましておめでとうございます。

昨年暮れの宴席である若い方から六段の調べが西洋の音楽を真似たものではないかという話が飛び出しました。直感的に日ユ同祖論的な話はいただけないと否定しました。というのは、この類の話が歴史を調べることを中断させる要因となることがあるからです。川守田英二氏の「日本ヘブル詩歌の研究 」をもとに山根キク女史により「キリストは日本で死んでいる」という本により歪められたことを思い出したからです。

六段西洋説の話も今から約5年前、題名のない音楽会で「箏の名曲はキリシタン音楽」として取り上げられ広まりました。

箏曲「六段」がグレゴリオ聖歌「クレド」に似ているので、「六段」のもとになったのが「クレド」ではなかろうかと話が展開され、純器楽「六段の調べ」が「主題と五つの変奏曲」とでもよぶべき変奏曲の形式となっている。これは「六つのディフェレンシアス」ではないのかというものです。

音源を聴いてみましたが、私には全く別物のように聞こえました。

八橋検校は慶長19年の生まれとされています。日本にキリスト教が伝来したのが1549年なのでグレゴリオ聖歌が伝わった可能性はあります。しかし、禁教令が1612年(慶長17年)及び翌1613年に江戸幕府により発令されており、八橋検校はグレゴリオ聖歌を聴くことができる環境になかったと考えられます。

六段の作曲者といわれる八橋検校は組歌の奏者です。組歌が8拍子8連で一唄、それを六唄として一曲にしているので、六段の調べを6つの段で編成し一曲とする構想で作曲しても不思議ではないと思います。そして組歌の基本拍子8拍子を使って曲を作ったものではないかと考えます。歌がないので基本拍子8拍子をいくつ使って弾くか。数えやすいのは箏の絃13本なので13回。8拍子×13=104拍子。小間拍子の104拍子は大間拍子で52拍子となったものではないでしょうか。

拍子が同じ「六つのディフェレンシアス」だからグレゴリオ聖歌の「クレド」をヒントに六段の調べが作曲されたとするにはあまりにも無理があると思います。

グレゴリオ聖歌はピタゴラス音律で、筝曲も昔は似たような音律だったと思います。順八逆六、順六逆八で調弦できたはずです。私が箏を習っていた時は、5度、3度の和音を使っての調弦だったので、純正律による調弦。最近の若手はチューナーを使って平均律で調弦している。こう考えると、題名のない音楽会での演奏がどのような律で調弦されたかわかりません。或いは調弦が合っていなかったから別物に聞こえたのかもしれません。まあ、六段は六段で大切にしたいと思います。

今年は楽典の深みに嵌る予感がしてきました。

nice!(0) 

「レ」の話 [尺八]

尺八を吹き始めて47年が過ぎ気が付けば60歳。

先日、生田流の先生の春の勉強会に参加させていただいた。

「西行桜」「四季の柳」「萩の露」「八重衣」「「清水楽」5曲を吹かせていただいた。

何十年ぶりかで楽器と一体となった音を出すことができた。

これまで「レ」の音律が高いと指摘されていた。この「レ」を低く調律し直すと他の音がのびなくなるという弊害があり、一旦は低くしたことがあるがもとに戻した。最近再び、「レ」を低く調整した。

体力があった若いときは力任せに吹いていたから「レ」が抑えられず高かったのだろう。体力が衰えてくるに従って「レ」が標準に近くなり、「レ」の調整が偶然うまくいったのだろう。これまでにない満足を得た。

尺八のジャンルには、本曲と呼ばれる尺八だけの曲、外曲とされる箏・三絃との合奏曲がある。さらに新曲、現代曲と別れる。趣味としての尺八は本曲だけ吹いている訳にもいかず様々なジャンルを吹くことになる。そこでぶつかるのが、音色と音律の課題である。各ジャンルの音律が微妙に異なるのだ。このことを知る者は少ない。

琴古流尺八と都山流尺八という二大流派の違いは恐らく宮城道雄先生の新曲でオーバーラップする部分があるだけで、互いのジャンルは相いれないものとなって発展してきている。それは楽器の音律にも影響を及ぼしている。

恐らく、都山流尺八の奏者が琴古流尺八の本曲や外曲を吹いてもそれは「らしく」吹いたにすぎず、逆に琴古流尺八奏者が新曲、現代曲を吹いても「らしく」しか吹けないと思っている。

恐らく、本曲と外曲にも音律の違いがあるはずだ。古管と呼ばれる楽器は音律ではなく音色にこだわったものに違いない。音律と音色のバランスをどこで妥協するかはポリシーの問題である。

尺八の音律と音色について、これからも悩んでいくのだろう。


nice!(0) 

お久しぶりです [挨拶]

新年になったら、なんか匂うんです。

知り合いに糖尿病を患って、人工透析している人がいて同じような匂いがして、心配になって人間ドックの精密検査を受けに行ってきました。

実は昨年も精密検査で引っかかっていたのですが、胃潰瘍と十二指腸潰瘍の疑いだったのでほっといたのですが、

さすがに匂いがきつくなってきたので、今年は半年後でしたが精密検査を受けるべく、嫌いなお医者の元に行ってきました。

カルテには高脂血症と高尿酸血症で投薬治療中と書いてある。

「薬休んでたんですね。でも、検査数値からすると飲まなくても大丈夫ですね。薬は止めましょう。」

ほっと一安心。

実は、前の担当の女医からは「タバコをやめなさい。入院させるわよ」と脅されていたので、薬を飲むのを止めて、タバコをブカブカ吸っていた。

タバコは宗教と同じで、吸わないものに口を出されたくないというのが私の信条である。

「インディアン嘘つかない!」

大体、タバコは体に悪いというのは常識では知っている。しかし、医師たちは自分で研究して言っているのではなく物の本で読んだ知識で話をするから信用が置けないだけなのだ。

真夏に溶けたアスファルト道路の上を走るほうが喫煙するより健康に悪いと思うのだが。

市販のタバコは1本1グラムが標準で、1本吸うと何分か寿命が短くなるという迷信がある。

私は手巻きのタバコでフィルターを入れて巻くので、賞味0.4グラムである。2本吸ってもまだレギュラーサイズのタバコに及ばない。昔、タバコを吸っている医師の話では1日10本以下ならさほどの害はないという根拠が明らかでない名言があったので今でも大事にしている。

どうせ自ら研究しないなら気持の良い言葉をかけてくれる医師のほうが健康には良い。

医者は病気を治すのが仕事ではない。人が病気になったとき病気を治す手助けをするのが医者である。メスで切った貼ったをするだけが医者ではない。やさしい言葉をかけ、あるいは励ましの言葉をかけ、病人の体にいる病魔を追い出すことも仕事だ。

話がそれたのでもとに戻すが、検査の結果は良好だったが、一応ファイバースコープで覗いてみたいというから覗かせた。

胃潰瘍は自然治癒して瘢痕あり。十二指腸にはキノコのような大きな潰瘍があった。

これをどうするかまだ結果を聞きに行っていない。結果は再来週の診察予約の日までは分からない。

匂いについては、内臓疾患関係ではないので歯科医師に診てもらってはとアドバイスをいただき、歯科医師へ直行した。

「ああ、歯周病です」の一言。「では歯石を取りましょう」とガリガリやられて、二回通って終わり。

歯周病の投薬はなし。近くの薬店を紹介されて「うがい薬でうがいすればいい」とさりげないご指導。

歯科医師に行って戻ってきたときは、尺八を吹くと匂いが逆流して、自分で悶絶。どうなるかと思いましたが元気に復活いたしました。

それで、グチュグチュうがいをして2週間になるところです。

匂いがようやく取れました。

ホームページにも書いてありますが、歯は尺八吹きには大切です。

今回も歯科医師に欠損した歯の一部に充填剤を盛られたので、音が出やすくなるようこれから自分で微調整をしなければなりません。

耐水ペーパーでひとこすりしては「プー」と音をだし、息の抜けや音色をチェックする作業をしなければなりません。

尺八本体が楽器Aならば、体は楽器Bでその両者がマッチングしないとまともな演奏はできません。

山口五郎師は「心を平静に保つ」という精神面を重点に置き尺八を吹かれておりました。

尺八と云う楽器は自分を見つめるためのものです。音を発したとき自分の姿が見えるのです。その見えたものがストレスになる。そのストレスを拭い去るために、再び吹く。その繰り返しが練習なのでしょう。自分を鍛えるために練習するわけです。だから、鍛練になるのです。

最近は練習をさぼっていたので病気になったのでしょう。

皆様ご自愛ください。


nice!(0) 

ご冥福をお祈りします [邦楽]

仙台在住の郡川直樹氏が亡くなられたとの訃報を11月19日に受けた。

とにかく、ご冥福をお祈りします。

201002270214091b2s.jpg

郡川さんとは10月13日の仙台三曲協会定期演奏会でご一緒させていただき、夜はいつもの宴会をして別れたのが最後でした。

阪神淡路大震災(平成7年)で被災され関西から仙台へ転居されてきてからのお付き合いですから18年くらいのお付き合いになります。

先日も東京の法身寺の小菅さんから分けていただいた錦風流尺八の書籍の話で盛り上がったところでした。酒を酌み交わしながら尺八談義をする友がいなくなりとても寂しい。人が老いるというのは友が少なくなっていく寂しさの積み重ねということなのかもしれません。


nice!(0) 

尺八と禅 [邦楽]

最近、尺八奏者で外国の人が目立つ。製管(尺八をつくること)までやってのける人がいる。都山流ネブチューン海山さんは有名だ。彼の場合は、長尺の尺八を洋楽ジャンルに持ち込んで吹きまくっている。一方で琴古流尺八奏者で本曲(尺八だけで演奏する曲)というジャンルに力を入れているのは、クリストファー遙盟さんという方もいる。三曲界でこのお二人の名前を知らないといえばもぐりになるかもしれない。

まあそれはともかく、彼らと同様に尺八を吹きたい外国の方々は、尺八に東洋的なものや神秘性を求めて入門される方が多い。それは「禅」という形の「瞑想」にあこがれるらしい。

もともと普化宗尺八は法器として扱われ「吹禅」としての意義を持つ。それにあこがれ尺八を手に取られる方が多い。しかし、実は外国人向けのパンフレットには「禅」の話は書かれていることが多いが、日本人の接するパンフレットにはそこまで書いていない。日本人ならそのくらいの知識は持っているだろうという意識があるからかもしれない。

日本人の尺八奏者の多くは「吹禅」などという言葉すら意識することなく吹いている。「禅」の一つの考え方として禅とは何もできない愚かな自分というものを見つめ直す行為であり、その結果を活かして再び何かに挑戦するといった姿勢を磨くもの。そういう意味では、出来ない曲を日々練習しできるようにすることも禅の一つにはなるかもしれない。(しかし、それが「吹禅」のすべてではない。)

本曲以外の曲に外曲というカテゴリがある。外曲は筝、三絃との合奏である。合奏は一つの小世界の中での演奏である。相手の呼吸を聞き取り、テンポを遅くしたり早くしたりしながら演奏をしていく。初心者が合奏をして失敗するのは、相手の呼吸を聞き取ることなく、また、相手の発する音を聞かないことによる、逸脱が主である。自己中心的では合奏が成立しないのは当たり前なのである。10年、20年の経験者でもそこを理解していないと合奏がうまくいかない。

こんな小世界で失敗しているのだから、社会ではさぞ大きな失敗をしているに違いないと怪しむのだが、こういう人に限って出世していることが多いのは不思議でならない。逆に見れば、自己中心的な生き方をしているからこそ社会的に出世しているのだろう。こういう人こそ必要に迫られ「吹禅」の修業が必要なのだろう。

今こそ尺八人口が増えても良さそうなものだが、増えないないのは、それだけ自己を見つめる余裕もないということなのだろう。実はそれが日本経済が上向きに大きく回復しない原因なのかもしれない。


nice!(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。